トップ > 宮崎県コロナウイルス感染症対策特設サイト > 事業者の皆さま > 新型コロナウイルス感染症に伴う相談窓口のご案内~事業者の皆様へ~

更新日:2021年6月4日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症に伴う相談窓口のご案内~事業者の皆様へ~

給付・助成・支援

対象者

支援の名称

(クリックすると詳細な内容を御覧いただけます)

支援の概要

お問い合わせ
事業の継続が苦しい事業者 月次支援金(外部サイトへリンク) 国の緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置に伴う飲食店の時短営業や外出自粛により、売上が50%以上減少した事業者に月次支援金を支給。
法人:最大20万円/月、個人:最大10万円/月

月次支援金相談窓口

0120-211-240

(毎日8時30分~19時)

事業の継続が苦しい事業者 県内事業者緊急支援金 県独自の緊急事態宣言により、令和3年5月の売上が前年又は前々年同月比で50%以上減少している県内の中小企業・小規模事業者に一律10万円を支給。

県商工政策課

0985-44-2615

(平日9時~17時)

事業の継続が苦しい事業者

宮崎県飲食関連事業者等支援金

 

県の飲食店等に対する営業時間短縮要請の影響により、対象となる月の売上が、前年又は前々年同月比で50%以上減少した以下の事業者に一律10万円/月を支給
(1)時短要請に応じ、協力金を受給した飲食店と直接取引がある事業者
(2)タクシー事業者
(3)自動車運転代行業者

県商工政策課

0985-44-2614

(平日9時~17時)

従業員の雇用を維持できない事業者 雇用調整助成金(外部サイトへリンク) 従業員の雇用維持を図るために、休業等を行う事業主に対して、休業手当などの一部を助成。

宮崎労働局

0985-62-3125

子どもの休校の影響により、労働者に有給の休暇を取得させた事業者 小学校休業等対応助成金(外部サイトへリンク) 有給休暇を取得した対象労働者に支払った賃金相当額
(対象労働者一人につき、対象労働者の日数換算賃金額×有給休暇の日数)
学校等休業助成金・支援金、雇用調整助成金センター
0120-60-3999(毎日9時~21時)

県の営業時間短縮要請にご協力いただいた飲食店等

営業時間短縮要請に関する協力金

(日向市)

令和3年4月14日午後8時から令和3年5月1日午前5時までの期間を通して営業時間短縮を行なった日向市の店舗に対して、協力金を支給。

日向市商工港湾課

0982-52-2111

県の営業時間短縮要請にご協力いただいた飲食店等

営業時間短縮要請に関する協力金

(宮崎市)

令和3年5月5日午後8時から令和3年5月24日午前5時までの期間を通して営業時間短縮を行なった宮崎市の店舗に対して、協力金を支給

宮崎市商業政策課

0985-21-1792

県の営業時間短縮要請にご協力いただいた飲食店等

営業時間短縮要請に関する協力金

(都城市・三股町)

令和3年5月23日午後8時から令和3年6月4日午前5時までの期間を通して営業時間短縮を行なった都城市・三股町の店舗に対して、協力金を支給。

都城市商工政策課

0986-23-2983

三股町企画商工課

0986-52-9084

補助金

対象者

支援の名称

(クリックすると詳細な内容を御覧いただけます)

支援の概要 お問い合わせ

事業再開に向けた投資をしたい事業者

商工会地区の事業者(外部サイトへリンク)

商工会議所地区の事業者(外部サイトへリンク)

小規模事業者持続化補助金

事業者が行う販路開拓等の取組を支援。 お近くの商工会・商工会議所まで
感染防止と事業継続の両立を目指した新たな取組をしたい事業者 小規模事業者持続化補助金(低感染リスク型ビジネス枠)補助金(外部サイトへリンク) 小規模事業者が新型コロナウイルス感染症の感染防止と事業継続を両立させるため、対人接触機会の減少に資するポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等の取組を支援。

持続化補助金低感染リスク型コールセンター

03-6731-9325

(平日9時30分~17時30分)

事業再開に向けた投資をしたい事業者 ものづくり補助金(外部サイトへリンク) 新製品・サービス開発や生産プロセス改善等のための設備投資などを支援。
また、対人接触機会の減少に資する、製品開発、生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援。
ものづくり補助金事務局
050-8880-4053(平日10時~17時)
事業再開に向けた投資をしたい事業者 IT導入補助金(外部サイトへリンク) 事業者のITツール導入による業務効率化等を支援。

事務局コールセンター

0570-666-424

(平日9時30分~17時30分)

事業再開に向けた投資をしたい事業者 事業再構築補助金(外部サイトへリンク) 新分野展開や業態転換、事業・業種転換等の取組を通じた規模の拡大を目指す企業を支援する。

事務局コールセンター

0570-012-088

(平日9時~18時)

貸付

対象者

支援の名称

(クリックすると詳細な内容を御覧いただけます)

支援の概要 お問い合わせ
売上減で資金繰りが厳しい事業者

日本政策金融公庫(外部サイトへリンク)

商工中金(外部サイトへリンク)

実質無利子・無担保融資

3年間無利子最長5年間元本据置

日本公庫0120-154-505(平日)
商工中金0120-542-711(平日・土曜)
宮崎県中小企業融資制度 売上減少に応じたセーフティネット・危機関連貸付 お取引のある取扱金融機関
又は最寄りの取扱金融機関

猶予・減免

対象者

支援の名称

(クリックすると詳細な内容を御覧いただけます)

支援の概要 お問い合わせ
売上減で税金、保険料が払えない 納税猶予、社会保険料の納付猶予 一定の要件を満たす場合
国税・県税・市町村税の納税を猶予
電気・ガス・電話料金、NHK受信料等の各種公共料金の支払いを猶予
(国税)国税局猶予相談センター
(県税)各県税・総務事務所
(市町村税)各市町村担当窓口
(社会保険料)管轄の年金事務所、宮崎労働局
(上下水道)各市町村担当課
(各種公共料金)各事業所まで
売上減で固定資産税が払えない 固定資産税・都市計画税の減免(外部サイトへリンク) 売上が一定程度減少の場合
来年度は2分の1又はゼロに減免

相談ダイヤル

0570-077-322(平日9時30分~17時)

相談窓口

支援の名称

(クリックすると詳細な内容を御覧いただけます)

支援の概要 お問い合わせ
労働相談窓口 新型コロナウイルス感染症に起因する労働問題に関する相談
せき・発熱がある従業員を休ませたい

宮崎県中小企業労働相談所
0985-44-2618(労働相談専用ダイヤル)

宮崎労働局特別相談窓口
0985-38-8821
(8時30分~17時15分日、祝日除く)

経営相談窓口(外部サイトへリンク) 新型コロナウイルスに関する中小企業・小規模事業者の経営相談

宮崎県よろず支援拠点
0985-74-0786

(平日8時30分~17時・日・祝10時~17時)

お問い合わせ

福祉保健部福祉保健課

電話:0985-26-7074,0985-26-7075

ファクス:0985-26-7326

メールアドレス:fukushihoken@pref.miyazaki.lg.jp

商工観光労働部商工政策課

電話:0985-26-7094

ファクス:0985-26-7337

メールアドレス:shokoseisaku@pref.miyazaki.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。