掲載開始日:2020年9月16日更新日:2022年9月15日

ここから本文です。

シックハウス

1.シックハウスとは(病状・原因)

  • シックハウス症候群は、新築の住宅などで起こる、目、鼻、喉の痛み、頭痛、吐き気、喘息などの呼吸器系疾患で、軽いアレルギー症状から内臓疾患まで様々です。原因としては、住宅建材や家具に含まれるホルムアルデヒド等の揮発性有害化学物質や壁紙や家具の接着剤の影響と考えられています。

2.シックハウス対策のポイント

安全な建材や自然素材を内装材に使用しましょう。

  • 建築基準法ではホルムアルデヒド等を含んだ建築材料は使用できる面積が決められています。
  • F☆☆☆☆規格の建築材料は安全な建材と認可されています。
  • 漆喰や珪藻土などの自然素材、健康壁紙、自然塗料などを内装材に使用しましょう。

通風や室内の換気に気をつけましょう。

  • カビ、ダニもシックハウス症候群の原因と考えられていますので、通風、換気に心がけ、除湿、清掃を小まめにしましょう。
  • また建築基準法では、24時間換気が義務付けられています。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

このホームページに関する問い合わせ先
一般社団法人宮崎県建築士事務所協会
住所宮崎市橘通東2丁目9番19号宮崎県建設会館4階
電話0985-29-1188
FAX0985-38-9418

宮崎県県土整備部建築住宅課
住所宮崎市橘通東2丁目10番1号
電話0985-26-7194
FAX0985-20-5922
E-mailkenchikujutaku@pref.miyazaki.lg.jp