トップ > 県政情報 > 情報公開・監査 > 情報公開 > 宮崎県公文書開示審査会 > 第122回宮崎県公文書開示審査会(議事録)

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年10月2日

第122回宮崎県公文書開示審査会(議事録)

1.日時

平成30月8月28日(火曜日)午前10時~午前11時30分

2.場所

庁9号館932号室

3.出席者

大迫会長、小林委員、佐保委員、津江委員、新名委員

4.次第

  • (1)報告事項
    • 旧優生保護法に関する一連の経緯について
    • 公文書開示請求に係る事務の未処理事案について
  • (2)議事
    • 諮問第66号の審議について
    • 諮問第67号の審議について
    • 諮問第68号の審議について
    • 諮問第69号の審議について

5.内容

(1)報告事項

旧優生保護法に関する一連の経緯について

  1. 委員から次の事項などについて質問があった。
    • 文書センターの検索リストとはどのようなものか。
    • リストを削除し、閲覧禁止にすると県庁内では文書がないということになるのか。

公文書開示請求に係る事務の未処理事案について

  1. 委員から次の事項などについて質問があった。
    • 不作為に係る審査請求の事例はこれまでもあったのか。

(2)議題

諮問第66号の審議について

  1. 審査請求に関する審議のため、本審議は非公開で開催された。
  2. 実施機関より報告のあった資料を基に、事務局より説明を行なった。
  3. 委員から次の事項などについて意見交換があった。
    • 実施機関から提出のあった回答内容の合理性について
    • 答申の方向性について
  4. 審査会で出た意見を基に事務局が答申案を作成し、次回の審査会で報告することで了承された。

諮問第67号の審議について

  1. 審査請求に関する審議のため、本審議は非公開で開催された。
  2. 事務局より審査請求人の主張を中心に諮問事案の概要について説明を行なった。
  3. 委員から次の事項などについて意見交換があった。
    • 次回の審査会で必要な資料について
    • 今後の進め方及び実施機関に対する要請について
  4. 審査会で出た意見について、実施機関に要請等を行なった上で次回の審査会で報告することで了承された。

諮問第68号の審議について

  1. 審査請求に関する審議のため、本審議は非公開で開催された。
  2. 実施機関より報告のあった資料を基に、事務局より説明を行なった。
  3. 委員から次の事項などについて意見交換があった。
    • 実施機関から提出された弁明書の内容について
    • 答申案の方向性について
  4. 答申案の方向性について合意し、次回の審査会で事務局より答申案を示すことで了承された。

諮問第69号の審議について

  1. 審査請求に関する審議のため、本審議は非公開で開催された。
  2. 事務局より答申案の概要について説明を行なった。
  3. 委員から次の事項などについて意見交換があった。
    • 字句の修正について
  4. 答申案について合意し、単純な修正等について再度見直した上で、答申することで了承された。
    (本件に関する審査会の開催はこれで最後)

お問い合わせ

総務部総務課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7002

ファクス:0985-28-8760

メールアドレス:somu@pref.miyazaki.lg.jp